多汗症を治す方法はあるのでしょうか。【多汗症対策】

多汗症には吸引法という手術を

多汗症の手術のひとつに吸引法という方法があります。
大量の発汗の原因となる汗腺を除去するのが多汗症の吸引法手術です。

 

吸引は脇の下に穴を開けて行います。
汗の分泌を抑えるために、多汗症の原因となるエクリン汗腺や、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を吸引します。

 

汗腺の吸引手術とは、エステの脂肪吸引手術と似たような要領で行われます。
多汗症を吸引法で手術する場合、手術の痕跡は数ミリの穴程度なので、時間の経過と共に手術の痕跡はほとんと目立たなくなります。

 

吸引法による多汗症の手術は、穴を開けたところに管を通して汗腺を吸い出すだけです。汗腺を直接見ることができない為、汗腺を完全に取ることができずに、手術をした後に少し残ってしまう可能性があるというデメリットがあります。
安全性が高く、多汗症の治療効果の高い吸引法手術を受けるには、施術機関の技術力が大事です。
実績と技術を持つところを選ぶようにしてください。

 

多汗症の手術には、吸引法ではなく切開法という方法もあります。
医師が直接汗腺を取り除くもので、脇の下を5センチくらいに渡って切開します。

 

多汗症の手術を切開法で行った場合、血腫や皮膚の壊死リスクがあるといいます。また、施術後にわきを固定しなければなりません。
多汗症の手術にはいろいろな方法があるので、自分の多汗症の状態をよく把握して適した手術方法を慎重に選んでいただきたいものです。